―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

教え子の歌い声は夕焼けに消える

「サイクロン」が好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいると思う。なんの感情もない人も。あなたにとっての「研究家」って、どう?
トップページ >

ページの先頭へ

薄暗い平日の早朝に熱燗を

自分自身、アレルギーで、ファンデは当然使用してはいけないし、乳液も限定されている。
そのことから、果実や栄養剤のパワーにお任せになっているが、近頃口にしているのがゼラチンだ。
緑茶に混ぜて、毎朝習慣にしているけれど、少し肌がつややかになった。
その上、実行してから調子が良くなるまで即効性があったので、感動した。

無我夢中で吠える母さんとよく冷えたビール
手に入れた裁縫するための布で、幼稚園に行く娘の入れ物を縫わなくてはならない。
それは、嫁が作るんだけれども、しかし、俺もいやではないので、時間がかかるようだったらいっしょにしようと思う。
決まったものをしまうきんちゃく袋が幼稚園に入園するためにいる。
ミシンも遅まきながら家に届いた。
使用感もみてみようと思う。

無我夢中で熱弁する兄さんとぬるいビール

ここ最近、お腹周りのぶよぶよとした脂肪を増やさない様にと考え筋トレをしている。
娘を私のお腹にしがみつかせて回数を数えながら腹筋をしたら、小さな子供とのふれあいにもなるし、娘も数を学ぶし、自らのみにくいぜい肉もそぎ落とされるし、いいことずくめだと考えていたけれど、最初は、きゃっきゃ言っていた小さなわが子もすぐにあきて動いてやらなくなってしまった。

雪の降る仏滅の晩はこっそりと
私は素肌があまり丈夫でなく、すぐにかぶれる。
それもあるし、ボディーソープの素肌に残ってしまうタイプがあまり好きじゃない。
しかしながら、寒い季節は凄く乾燥するので、無添加に近いスキンローションを使用する。
この製品のびっくりするところは、価格設定がとても高いところだ。

喜んで体操するあの子と突風

昔、体の調子が悪い上に、栄養バランスの悪い食事と、睡眠の内容が良くなかったので、ニキビが多かった。
これはヤバいと考え、生活リズムを送り、美容にいい事をしようとリサーチした。
根強くファンが多かったのが、アセロラドリンクだ。
現在に至るまでかなりの頻度で飲んでいる。
れもんよりもビタミンがたっぷり含まれていると言う話だった。
コンディションと美容は何と言っても食事からつくられるのかもしれない。

風の強い大安の昼にお菓子作り
お盆やすみが近づいて、「とうろう」などの催し物が近郊で行われている。
付近の観光施設では、竹やペットボトルで作成されたとうろうが並べられていた。
付近の観光施設では、晩に電気の明かりはついてなくて、灯篭の中のろうそくの明かりだけというのは、とてもきれいだった。
竹や木に囲まれて明かりが灯っており、繊細な灯りになっていた。
やさしい灯火が付近の木々を煌々と照らしていてすごくきれいだった。

薄暗い月曜の深夜は微笑んで

アパレル店員さんって絶対勤まらないと考えるのは私だけだろうか。
毎日、徹底的にファッションを選ばないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、出張で仕事する時はスーツを着ればOKだし、化粧だって簡単でOKとされる。
お出かけの時は、自分で納得する格好をすればいいし、家で働くときはワンピース一枚で問題ない。
だから、きっと、ファッションにかかわる商売には、向かないと思う。
服を買おうとしていると、店員さんがやってきて、服の説明や合わせ方を語ってくれる。
何故かそれに緊張してしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。

自信を持って話す友人とファミレス
ちかこの家のベランダで成長しているトマトは、不運なトマトなのかもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、ワクワクしながらアイスティーをあげてみたり、OJをあげたり。
大分飲んだ私と彼女に、ほろよいシリーズの酎ハイを与えられたこともあり。
育ての親である友達は、こんど好奇心でトマトジュースを飲ませたいという。
私たちの中でトマトの心は完全に無視。

涼しい仏滅の朝に冷酒を

このごろ、小説を読まなくなった。
学生の時は、かかさず読んでいたけれど、ここ何年か、仕事が忙しいし、小説を読む時間をとりにくい。
時間があっても、ゆっくりと好きな小説を読むという気持ちになかなかなれないので、見ていてもおもしろく感じにくい。
けれど、かなりはまってしまう小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きだから、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が自分の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の光っている若手がいないかと気になるからまた読んでみたい。
しかし、純文学だからと無理に難しい単語を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

無我夢中で跳ねる姉妹と月夜
タリーズでもミスドでもいろんな場所で美味しいコーヒーを飲むことができる。
他にも、オフィスでインスタントでも楽しめるし、いろんな場所で

私が一番好きなのは、スターバックスだ。
どこも禁煙と言うのが、煙の無理な私にとってポイントが高い。
なので、コーヒーの匂いをより良く味わうことができる。
値段も張るけど、最高の豆が使われているのでコーヒー好きにはピッタリだ。
甘いもの好きには入るたびにコーヒーと一緒に、つられて甘い物もオーダーしてしまうという落とし穴もある。

コンテンツ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コンテンツ

Copyright (c) 2015 教え子の歌い声は夕焼けに消える All rights reserved.