―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

教え子の歌い声は夕焼けに消える

「トニックウォーター」のこと、どう感じる?「少女」とは、普段ではどんな感じで認識されているのだろうか。別に真面目に考えたりするわけじゃないんだけどね。
トップページ >

ページの先頭へ

陽気に跳ねる彼とよく冷えたビール

そんなに、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、最近、それでも、生きていくを見逃さずに視聴している。
加害者側の両親と妹と殺された側の両親と兄達が会うことになってといった話の流れで、ふつうに考えてあるはずがない話の流れだと思う。
被害者側の家族と加害者側の家族のどちら側も不幸にあっているストーリーが出されている。
流れの雰囲気は大変暗いのだけれど、その分、色づかいはきれいな雰囲気につくられている。
花や緑や自然の映像が非常に多くて、牧歌的できれいな映像が大変多く使われている。
この後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

勢いで体操する姉妹と公園の噴水
ツアーでも業務でも、韓国への渡航回数が多い。
縁が深いのは、日本からすぐの釜山。
観光ももちろんだが、特に女性はコスメや服など興味がある人も多いと思う。
この国では見た目へのこだわり、つまり自分磨きに関しての熱は強い。
面接や、パートナー探しの際に、日本よりもあからさまに判断するシーンが多い。
お国柄か、韓国美容商品は、成分が日本の商品より、多く含まれている。
なので、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待してもいいだろう。

ゆったりと走る姉ちゃんと冷めた夕飯

セミも鳴かなくなった夏の夜。
少年は縁側に座って、スイカをかじっていた。
スイカをかじってはタネを外に吐き出していると、ときおり種が遠くまで飛ばず、自分の服に落ちたりしていた。
横に置いているかとり線香の匂いと、風の吹かない蒸し返す夜、それからスイカの味。
少年はそんな事を堪能しつつ、明日はどんなことして遊ぼうかな、と考えていた。

雲が多い火曜の夜は昔を懐かしむ
ある夏、私は当時付き合っていた彼氏と、横浜のアパートからレンタカーを使用し、逗子海岸に行ってみた。
なぜかと言うかは、大好きなデジタル一眼で夜景を撮るためだったが、なかなかうまく撮れない。
海辺は長く来ていなかったので、写真に飽きるとサンダルを脱いで海の中に入りはじめた。
それにも飽きてしまい、浜辺で山を作ることをして遊びはじめた。
そこ位までは、おそらく近くに置いていた白のデジタル一眼。
たくさん過ごして、帰宅中、ガソリンスタンドで一眼レフがない事にびっくりした。
がっかりして部屋まで帰るも、思い出すと、すごく残念な思いをしたのを覚えている。
数多くの記録が記憶されていたあのデジタル一眼、現在はどの場所にいるんだろう?

無我夢中で走る母さんと僕

本日の体育はポートボールだった。
少年は、ポートボールが苦手なので、不機嫌そうに運動着を着ていた。
おそらく今日は、運動は何でもこなすケンイチ君の活躍が目だつだろう。
おそらく今日は、運動神経バツグンのケンイチ君ばかり活躍するはずだ。
そうなると、少年が大好きなフーコちゃんは、ケンイチ君を見つめることになるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、運動場へ出かけていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年のほうをチラチラ見てたことを、少年は気がつかなかった。

じめじめした週末の早朝は昔を思い出す
今季は、近くの海に行っていないが、行けたらものすごく行きたい。
現在、ひとり娘が小さいので、海には入らせないでちょっと遊ぶ程度なのだけれど、思うに興味をもってくれるだろう。
だけれど、今、パンパースをはいているので、近くの人の事を思ったら海に入れない方がいいのではないだろうか。
それ用のオムツもあることはあるが、議論に発展しているらしいので。

息もつかさず泳ぐ彼女と濡れたTシャツ

一年の中で、雨の多い梅雨の時期が好きだ。
部屋はじめじめするし、外出すると雨に濡れるけど。
一つの理由として、子どもの頃、梅雨に見られるアジサイが美しく、それからこの花が咲くのを楽しみに待っている。
九州長崎で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧の紫陽花の中での逢瀬を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れ込んで上陸した、医師のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と話した。
梅雨に美しく咲く紫陽花を目にして何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
しだいに訛ってしまいあじさいはオタクサと別の名を持つようになったという。

ぽかぽかした木曜の朝に微笑んで
だいたい、会社や家の中の事に追われて、なかなか空き時間がない。
少しの空き時間が手に入っても、自然と次の仕事の予定など、何かしらの締切が心にある。
そんな状況で、大きな休みができると、とても嬉しくなってしまう。
では、少しの空き時間をどうやって費やそうかと。
だいたい、いつも、あれも、これしたい、といった願望のみが重なり、全部は上手くいかない。
中でも私はゆっくりペースなので、あっと言う間に時は経過。
時は金なり、とはまさに真実だと感じる。

陽気に歌うあの子とよく冷えたビール

名の知れた見学スポットであろう、法隆寺へ出向いた。
法隆寺式伽藍配置もしっかり見せてもらい、立派な五重塔、講堂も目にすることができた。
展示室で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも大きなものだった。
法隆寺について勉強するにはきっと、非常に多くの時を欲するのではないかとみている。

気どりながら口笛を吹く弟と濡れたTシャツ
人のおおよそは水だという発表もあるので、水の摂取は人のベースです。
水分摂取を欠かすことなく、お互いに活発で楽しい季節を過ごしたいものです。
ぎらつく強い日差しの中より蝉の声が聞こえてくるこの時期、いつもそこまで外出しないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して気になる方が多いかもしれません。
暑い時期の肌のケアは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、どうしても気にかけてしまう所ですね。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分摂取についてです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないものの暑い時期は例外かもしれません。
なぜなら、たくさん汗をかいて、知らないうちに水分が抜けていくからです。
外出した時の自分の調子も関係するかもしれません。
ひょっとして、自分自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
真夏の水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少しだけ外へ出るときにも、ちっちゃいものでオッケーなので、水筒があれば非常に便利です。
人のおおよそは水だという発表もあるので、水の摂取は人のベースです。
水分摂取を欠かすことなく、お互いに活発で楽しい季節を過ごしたいものです。

コンテンツ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コンテンツ

Copyright (c) 2015 教え子の歌い声は夕焼けに消える All rights reserved.