―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

教え子の歌い声は夕焼けに消える

「学者」について本や論文を書く事になったら、どういったことを書く?「ミュージシャン」の由来や歴史とかかな。もしくは、一個人の考え方からの見解だろうか。
トップページ >

ページの先頭へ

よく晴れた週末の午後はビールを

おじさんがこのところ明け方から釣りにいつもの場所に行ったらしいが、あまりかからなかったらしい。
コッパが大量で、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
それでもイノコの40cmクラスがあげれたらしいから、いいなと思う。
何年か前にもらってさばいて味わったがめっちゃ味わい深かった。
そんなのがいると聞いたら楽しみになるが、もう少し我慢して今度だ。

ひんやりした土曜の日没は目を閉じて
このライカの一眼レフは、あまり大きな声では言えないけれど、波打ち際で見つけた。
その日、8月のちょうど半ばで、終わり頃で、いつものように暑い日だった。
外出先で、恋人と大喧嘩してしまい、しばらく口を利きたくないと言われてしまった。
夜中、アパートからこの砂浜までスクーターでやってきて、海岸を歩いていた。
そしたら、少し砂で汚れたこの一眼レフに出会った。
拾って、試しに夜のフォトを撮影してみた。
一眼の持ち主より、良いラインで撮れているかもしれないと思った。
恋人の素敵な笑顔撮りたいなー、とか、思った以上にピント調節って丁度良くならないなーとか考えていた。
落ち着いて、なんとか会う約束ができたら、恋人に僕が悪かったと謝ろう。
そしたら、この一眼、交番に届けるつもりだ。

どしゃ降りの祝日の夜に熱燗を

ひえしょうになってからは、いくらかヘビーだけれど、何と言っても寒い季節が好きだ。
家の外が乾燥しているので、カラッとした香り、その上ストーブの温もり。
寒さの中の太陽って恵まれている気になるし、レフを持って、夜の浜辺もかっこいい。
この場合は、レフもいいけれど、トイで思いっきり撮りまくる方が本当に趣のあるSHOTがゲットできる。

涼しい月曜の朝に微笑んで
仕事で身に着けるスーツスカートを購入しに来た。
コムサとかフォーマルなショップも良いけれど、109もありだと思う。
20代くらいのハキハキとした女性服のショッピングビルで体にフィットする服が多数。
価格はショップによって違いが表れるが、ほとんどが安価。
中で、購入する物を選んでいたが、小さめの物が多く売られていた。
着用後、なんとなくあか抜けているように見える気がする。
良い感じのスーツ選びができて、とってもうれしかった。

息もつかさず口笛を吹くあいつと枯れた森

あまりない事だけれど、不安定な心持になり、何も切なくなった。
これといった原因があるという訳ではなく、ふとした拍子に物悲しくなったり、今までの事が無駄なことに思えた。
そんな心持だったけれど、外に出る仕事が入った。
しかもビッグな会場での催しで大手案件だった。
こんな感じでは良いとは言えないので自分を忘れて必死になっているうちにカラリと楽観的な気分戻ってきた。
気付いたけれど苦しかったときは、外出して陽の光を浴びたりしなかった。
昼間に出かけるのも健康の一つかもしれないと感じた。

陽の見えない金曜の晩に歩いてみる
家の前の庭でハンモックに揺られ、気持ちよい風に身を浸していた、休日の夕暮れの事。
空には美しい夕焼けが広がっていた。少年は、我が家のネコが「ギャオォッ!」という凄まじい声に驚いて、ハンモックから地面に落ちてしまった。
まじまじと見てみると、我が家の猫はヘビに向かって、全身の毛を逆立てて叫びながらすごんでいた。
ヘビはそんなには大きくなくて、毒ももっていない種類のようだったので、少年はそばに落ちていた棒で追っ払い、猫を抱きかかえて再度ハンモックに寝そべった。少年は、猫のおでこを撫でながらお腹の上で寝かしつけ、気持ち良さそうにゴロゴロと鳴く猫を見つめた。

湿気の多い火曜の晩はお酒を

時は金也は、見事な言葉で、ぼーっとしていると、実際にあっと言う間に自由な時間が過ぎていく。
もっとささっと業務も報告書も終われば、そのほかの事の方に時を回すのに。
例えば、ジムに行ったり、自炊したり、週刊誌を読んだり。
そう考えて、ここ最近、シャキシャキ取り掛かろうと努力しているが、何週間出来るのか。

ゆったりと話す彼と履きつぶした靴
かなり昔に見た作品が、before sunriseというもので、邦題は「恋人までのディスタンス」だ。
当時20歳くらいだったお姉さんに、「良い映画だよ」と一押しだった合作映画だ。
旅の途中で偶然出会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス人のセリーヌで、少しの間オーストリアを旅する話。
この内容の他とは違う所は、これといった問題発起とか起承転結の点の部分など、ほとんど無いところ。
会ったばかりのこの2人は、恋、そして、生と死についてひたすらディスカッションする。
当時中学校2年生だった私は、まだまだ幼く、なんとなく見過ごした物語だった。
しかし、昨日、たまたまDVDショップで発見し、これはあの時のと思い借りてみたところ、めちゃくちゃ心に響いた。
特に、レコード店でケイス・ブルームのカムヒアを聞きながら無意識に見詰め合ってしまうところ。
2人とも帰国の時、要は、別れのシーン、そこでエンドを迎える。
当時は理解できなかったこの内容、期間をおいて見ると、すこし違う見方ができるのだろう。
それから、2人がレコードショップで聞いていたALBUMを、AMAZONで探して流している。

風の無い仏滅の日没に友人と

打ち上げ花火の時期なのだけれど、今住んでいるところが、観光地で毎週夜に、打ち上げ花火が打ち上っている、もはや見慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
土曜日に、打ち上げ花火をあげているので、苦情もどっさりあるらしい。
俺の、家でもドンという花火の音が激しくて子供がパニックで泣いている。
たまにのことならいいが、夏休み中、土曜日に、だらだらと音がなっていては、うざい。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

気持ち良さそうに吠える弟と擦り切れたミサンガ
お気に入りの歌手はいっぱい居るけれど、最近は外国の音楽ばかり聞いていた。
一方、国内の音楽家の中で、大好きなのがcharaだ。
チャラはたくさんの曲を世に送り出している。
人気がある曲なのは、SWEET、いや、罪深く愛してよなんか。
日本には多くのミュージシャンがいるがチャラはこの方は魅力ある個性がぴかっと輝いている。
日本には、世界各国で曲を出す歌手もたくさんいるが、この方も人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」あたしを無人島に持って行って
こんなフレーズが作られることに尊敬を覚える。
だいたい作詞作曲も兼ねていて、個人的には、想像力が豊かでカリスマな魅力がある存在だ。
judy&maryのyukiとコラボレーションして作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、心に残っている。
可愛かったから。
誰だって一度、思う、思われたいような事を、上手に短文で表現している。
キャッチフレーズコンテストなんかに参加してほしい。

コンテンツ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コンテンツ

Copyright (c) 2015 教え子の歌い声は夕焼けに消える All rights reserved.